iqos

育毛剤イクオスは女性も効果が期待できる!けどサプリは少し注意!

薬用育毛剤「イクオス」は、数ある育毛剤の中から今薄毛に悩む男性の間で多くの注目を集めています。

そして、イクオスは男性だけではなく女性の薄毛、脱毛症にも有効です。ただ、イクオスサプリEXについては一つだけ注意点があります。

有効成分を従来から倍増させたイクオスは女性にも効く

どれだけ時代が変わっても、髪が女性にとって大切なものだというのは変わりません。男性の場合、脱毛が進んでも開き直ってしまえばいいだけです。ジェイソン・ステイサムのように、薄毛でもイケメンの男性だっています。でも女性はそうはいきません。

女性にも脱毛症が起きる

薄毛や脱毛症は男性の悩みだというのが一般的な認識でしょう。実際には女性にだって薄毛、脱毛症は起きるのです。

もし女性が薄毛、脱毛症になってしまったら、男性の何倍もショックなはず。女性であればこそ、薄毛や脱毛症対策ははやめはやめに、適切にしなければならないのです。

育毛剤「イクオス」は女性にもおすすめ

育毛剤イクオスは2016年に従来品に配合されていた31種類の成分から、独自に調合された「Algas-2」などを含め61種類と成分がほぼ倍になりました。

でも待って!そんなにたくさん成分が配合されていたら肌に刺激が強すぎるんじゃない?

そんな不安をもたれた方もいるかもしれません。でも安心してください。

イクオスに含まれる成分の大部分は天然由来。肌へ刺激を与えるような添加物なども含まれていません。

 

イクオスは男女兼用の育毛剤

そもそもイクオスという育毛剤は、男女兼用として開発されました。最初から女性でも安心して使えるように考慮されているんです。

利用者の中にはご夫婦で使っている方もいるそうですよ。

心配であれば、公式サイトにアクセスして確かめてみてください。

女性の薄毛、脱毛症の原因をわかりやすく解説します

残念ながら薄毛、脱毛症は女性でもなってしまう可能性があります。

原因として考えられるのは主に3つ。

・ホルモンバランスの影響

・加齢による頭皮環境の変化

・生活の不摂生

 

ひとつひとつ解説しましょう。

FAGA=ホルモンバランスの影響による女性の脱毛症

男性に多く見られる脱毛症はAGAと呼ばれます。これはAndrogenetic Alopeciaの略。直訳すると男性ホルモン性脱毛症です。

FAGAはAGAの頭にFemale、つまり女性を付けたものです。日本では「女性男性型脱毛症」などとも呼ばれています。でもそれでは何がなんだかわからないので、女性の男性ホルモン性脱毛症とでもしておきましょう。

FAGAは、女性が持つ男性ホルモンの影響で発症します。

実は女性の体内でもごく少量男性ホルモンが分泌されています。それは、体を支え、動作をするための筋肉の強さを最低限確保するために必要だからです。

女性の場合女性ホルモンの分泌が多いので、男性ホルモンの働きはそれほど強くありません。

ところが加齢や無理なダイエットなどで女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、相対的に男性ホルモンの働きが強くなってしまうことがあります。

そして、頭皮に含まれる5αリダクターゼという酵素と男性ホルモン「テストステロン」が結びつくと、強力な「ジヒドロテストステロン=DHT」というホルモンに変化します。

DHTが発生すると、髪の毛を作っている毛母細胞の働きを異常に活性化させてしまいます。

毛母細胞の働きが活性化されすぎると、髪の毛を生やし、伸ばしていくという機能が早回しになって、髪の毛が育つまえに抜け落ちてしまいます。そのために薄毛になるのです。

加齢による頭皮環境の変化が引き起こす女性の脱毛症

髪の毛の材料となるタンパク質や、毛母細胞が髪の毛を作る手助けをするミネラルを運んでくれる血液の流れは、髪の健康のためにも非常に大切です。

加齢によって体中の血行が悪くなっていくのは男女共通していますが、女性のほうがもともと血管が細い人が多く、それだけに血行も悪くなりやすいのです。

血行が悪くなると、頭皮の細胞にダメージを与える活性酸素も除去しにくくなってしまいます。

活性酸素は、毛母細胞を酸化して機能を弱め、最悪の場合髪の毛を作る働き自体が失われてしまいます。

生活の不摂生が原因となる女性の脱毛症

髪の毛が作られるためには主成分のタンパク質と、亜鉛などのミネラルも必要です。

過度なダイエット、偏った食生活などによって必要な栄養分が不足すると髪の毛を作ることができません。それどころか、せっかく生えた髪の毛も育たずに抜け落ちてしまいます。

また、髪の毛の育成には成長ホルモンの影響も大きいです。そして成長ホルモンは睡眠時に最も多く分泌されます。

睡眠時間が足りないと、成長ホルモンが十分に分泌されません。

イクオスなら様々な原因の女性の脱毛症に効果を発揮します

女性の大敵である脱毛症を防ぎ、または改善するためにはどうすればいいでしょうか?

答えは簡単、これまで解説したような原因を取り除けばいいのです。

でもホルモンバランスの乱れや加齢など、生活を改善するだけでは解決できないことも出てきます。イクオスはそういう自分だけでは解決できない部分をサポートしてくれるのです。

イクオスはジヒドロテストステロンの発生を抑制する

女性の中で無駄に強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロン=DHTができてしまうことで起きる脱毛症FAGAをどうにかするには、DHT自体ができないようにするのが最も有効な対処法です。

ではそのために有効なのが、DHTを生み出す酵素・5αリダクターゼの働きを抑えてしまうことです。

イクオスに含まれる以下の成分

・オウゴンエキス
・ローマカミツレエキス
・シャクヤクエキス
・シナノキエキス
・ヒノキオコシエキス
・クララエキス
・ダイズエキス
・ビワ葉エキス

などは、5αリダクターゼの働きを抑え、DHTが作られにくくすることが期待されます。

イクオスは脱毛因子「TGF-β」の働きを阻害する

5αリダクターゼの働きを抑えてDHTが作られにくくするとはいってもそれは100%ではありません。ある程度はDHTが作られる可能性が残ってしまいます。

DHTは作られただけでは抜け毛を促進しません。頭皮にDHTと結びつく受容体があって、それと結びつくことでTGF-βという脱毛因子が作り出され、TGF-βによって脱毛が起こるのです。

イクオスはそうしてできてしまったTGF-βが出す髪の毛よ抜けなさいという命令を邪魔するのです。

このように、イクオスは単なる育毛剤ではなく、脱毛の原因もとりのぞいてくれるのです。

イクオスには加齢によるトラブルを抑える成分も含まれます

女性の薄毛、脱毛症の原因はホルモンの乱れだけではありません。加齢による頭皮環境の変化という要因も大きいです。

イクオスにはそうした加齢による頭皮トラブルを抑え、改善する成分も含まれています。

イクオスには頭皮トラブルをおさえる成分が7種類!

アシタバエキス 抗菌・血行促進
イエローヒマラヤンラズベリー根エキス 抗酸化作用
セージエキス 抗菌・血行促進・抗酸化
ベニバナエキス 保湿
オドリコソウエキス 消炎・肌の引き締め
サクラ葉抽出液 保湿・抗炎症
ローズマリーエキス 抗菌・血行促進

・抗菌作用→頭皮環境を悪化させる細菌や真菌(カビ)の増殖を抑える

・抗酸化作用→頭皮の細胞を酸化させ、劣化させる活性酸素を無効化

・消炎、抗炎症作用→細菌などの感染で起こる炎症を改善

・保湿→頭皮の潤いを保つ

・血行促進→髪の毛や頭皮自体を健康にたもつために必要な栄養、酸素を運ぶ。老廃物を取り除く

このような、頭皮の劣化を防ぐ成分のいくつかは、他の育毛剤にも含まれています。

でも7種類も配合してあるのはイクオスだけです。

独自調合成分「Algas-2」の育毛促進効果

イクオスには「Algas(アルガス)-2」という独自に調合された成分が含まれています。

海藻由来の独自成分「Algas-2」

これはM-034とペルベチアカナリクラタエキスという海藻由来の2つの成分を凝縮し、調合したもの。

M-034はAGA治療薬として知られる「ミノキシジル」と同等の育毛効果があると言われながらも、ミノキシジルにある副作用はないという成分。

ペルベチアカナリクラタエキスは細胞修復能力があると考えられています。

「Algas-2」にはミノキシジル、キャピキシルを上回る効果が!

ミノキシジル配合の育毛剤、AGA治療クリニックでも使われているキャピキシル配合の育毛剤とAlgas-2を比較した臨床実験が行われました。

その結果、Algas-2はミノキシジル、キャピキシルを大きく上回る効果があることが判明しています。

イクオスサプリEXでさらに女性の脱毛症予防効果アップ!

イクオスには頭皮に塗る育毛剤だけではなく、サプリメントもあります。

イクオスサプリEXを併用すると内側からのダブル効果

このイクオスサプリEXには、髪の毛のタンパク質を作る主要成分であるメチオニンを始め、魚から抽出されたコラーゲン、髪の毛を健康に保つために必要なミネラル・亜鉛、女性ホルモンの不足を補ってくれる大豆イソフラボンなどが含まれています。

脱毛症の予防、育毛のためには、外からだけではなく内側からこうした成分を与えてあげるとさらに効果がアップします。

低分子ナノ水が頭皮の奥まで染み渡る

シャワーを浴びた後に頭皮の表面はしっとりするけれど、その奥までぶよぶよになったりはしませんよね?

これは、水の分子が頭皮のすきまよりも大きいからです。

分子が大きい育毛剤は浸透しない!?

では育毛剤で考えてみましょう。

これまで述べてきた有効成分がいくらたくさん含まれていても、それが頭皮の表面で弾かれてしまっていたら意味はありません。

実はこれまでの育毛剤にはそのように、頭皮の表面で弾かれてしまうようなものが多かったのです。

イクオスだったら低分子なので頭皮の奥まで浸透

しかしイクオスは低分子ナノ水を採用。分子が小さい低分子だから、頭皮に弾かれずに奥まで染み渡って、イクオスに含まれている61種類もの有効成分を本当に必要なところまで届けます。

イクオスは肌の弱い女性にも安心安全、でもイクオスサプリには注意点が

育毛剤イクオスには石油系の界面活性剤やタール色素、シリコンその他肌に強い刺激を与える化学成分の添加物は含まれていません。

61種類の成分は天然由来で、使うと副作用が出たり、炎症を起こすような強い成分は含まれていないため、肌質が弱い女性でも安心して使うことができます。

公式サイトでは、産後の一時的な抜け毛にもイクオスの効果が期待できるとしています。

ただし、イクオスサプリEXの使用には注意が必要です。

妊娠中、授乳期の女性はイクオスサプリEXの飲用はやめてください

育毛剤のほうのイクオスは、妊娠中や産後すぐの女性が使っても大丈夫です。でも飲む方のイクオスサプリEXは、妊娠中や授乳期の女性は避けてほしいです。

その理由はイクオスサプリEXに配合されているノコギリヤシエキスと大豆イソフラボンにあります。

ノコギリヤシエキスと大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きがあります。

妊娠中、そして授乳期の女性は、通常とは女性ホルモンの状態が違っています。それは、赤ちゃんを育てるために特化した状態です。

具体的には、妊娠中は女性ホルモンが大幅に増え、出産後は急激に減ります。これは体が必要だからそうしているのです。

そうした通常とは違う状態のときに、外部から女性ホルモンに近い成分を摂ってしまうと、妊娠中には女性ホルモンが過多になるし、産後減っているべき女性ホルモンを不必要に増やすことにもなります。

ノコギリヤシエキスと大豆イソフラボンは、特に高齢の女性にはおすすめの成分です。

でも、ホルモンバランスを乱してはいけない妊娠中、授乳中の時期は摂らないほうがいいのです。

これはイクオスサプリEXに限らず、ノコギリヤシ単体のサプリメントや、大豆イソフラボンが含まれる大豆製品についても同様です。