iqos

イクオスシャンプーの成分を分析!イクオスと併用すると効果大?

薄毛解消のための頭皮ケアには、適切な育毛剤とともに、適切なシャンプー選びも大切です。

そこで今注目の育毛剤「イクオス」の系列商品であるイクオスブラックシャンプーのおすすめポイントをご紹介します。

育毛のベースを整えるシャンプーの大切さ

人にもよるでしょうが、たいていの人は毎日シャンプーをしていると思います。毎日することだからこそ、どんなシャンプーを使うかは重要な問題です。

薄毛の人ほど頭皮はべたつく?

男性型脱毛症=AGAは、男性ホルモン・テストステロンが強化型のジヒドロテストステロンになって抜け毛を増やしてしまうのが原因です。

男性ホルモンは、皮脂腺から皮脂の分泌を促進する働きがあるため、男性ホルモンが強すぎるAGAの人の場合、皮脂の分泌も多くなり、べたついていることが多いです。

そして、薄毛になって頭皮が乾燥しがちになると、乾燥から守ろうとより皮脂が分泌されます。

皮脂は多すぎても少なすぎてもだめ

人間の皮膚には「皮膚常在菌」が住みついて皮膚の表面を弱酸性に保ち、酸性が苦手な病原性細菌から皮膚をまもってくれています。

適切な量の皮脂は、頭皮を乾燥から守っているのと同時に、皮膚常在菌のエサとなっています。皮脂は、頭皮にとって必要な成分です。

しかし増えすぎた皮脂は過度に酸化して皮膚にダメージを与え、毛穴が詰まる原因にもなります。

適切な分量の皮脂に保つためにも、頭皮環境に悪影響を与えないシャンプーを使わないといけないのです。

市販シャンプーには頭皮にダメージを与える成分が

ドラッグストアなどで安価に売られている一般的なシャンプーは、頭皮のケアより洗浄力を重視しているものが多いです。

薄毛でなければ問題ないような成分でも、薄毛の人の頭皮にはダメージを与え、より症状を悪化させてしまう可能性もあります。

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウムはどちらも一般的なシャンプーに配合されていることが多い界面活性剤です。

界面活性剤とは、水と油双方に馴染む成分で、簡単に言えば石鹸のようなもの。ただし、ラウリル硫酸・ラウレス硫酸は石鹸よりも強力に脂を落としてしまいます。

べたつきがちな薄毛の人にとって、洗浄力が強いほうがいいように思えるかもしれません。ところが実際は逆。

皮脂を落としすぎると、その不足を補うために頭皮はさらに多くの皮脂を分泌します。

特に、ラウリル硫酸ナトリウムは刺激が強いので、接触皮膚炎を引き起こすことがあります。

頭皮の炎症は、頭皮が本来持つ発毛、育毛の機能を低下させ、かゆみを起こし、フケも増えます。

シリコン

一般的なシャンプーに使われることが多いもう一つの成分がシリコンです。

シャンプーに含まれるシリコンは髪の毛をコーティングして、摩擦や紫外線など髪への直接的なダメージを防ぐという役割を持ちます。

ただシリコンは髪の毛だけではなく頭皮のほうもコーティングしてしまうので、頭皮の自然な新陳代謝を妨げて頭皮ダメージを助長しかねません。

育毛剤を使っている場合、頭皮がシリコンで覆われているせいで浸透しにくくなるというデメリットもあります。

頭皮ケアという観点から見ると、強い界面活性剤やシリコンが入っているシャンプーは避けたほうがいいです。

育毛剤の効果を高めるイクオスブラックシャンプー

イクオスブラックシャンプーは、抜け毛を抑え、頭皮の環境を整えて、育毛剤イクオスの効果を高めるために考えられた頭皮ケアのためのシャンプーです。

備長炭が汚れや皮脂などを吸着

なぜブラックシャンプーなのかというと、紀州備長炭の微細な粒子が配合されているからです。

備長炭は部屋の隅においておくだけでも脱臭剤の効果があります。

イクオスブラックシャンプーに含まれた備長炭粒は、頭皮の汚れ、ニオイ成分、余計な皮脂などを吸着します。

アミノ酸系洗浄成分とベタイン系洗浄成分

イクオスブラックシャンプーにはラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどの界面活性剤は含まれていません。

そのかわりにアミノ酸系洗浄成分とベタイン系洗浄成分が配合されています。

アミノ酸系洗浄成分は汚れと結びつき、ベタイン系洗浄成分は汚れを包み込んで髪や頭皮を清潔にします。

この成分は界面活性剤より洗浄力は劣ると言われています。しかしそれは界面活性剤が強力すぎるためで、実際のところ洗浄成分としては必要十分な性能を発揮します。

刺激が少ないので頭皮のダメージもほとんどなく、強力に脂を落としてしまわないために頭皮環境を悪化させません。

イクオスブラックシャンプーはノンシリコン

イクオスブラックシャンプーはシリコンを含んでいません。

これは、育毛剤イクオスを使う上でも大切なことで、シリコンを使っていないために頭皮はイクオスが浸透しやすい状態を保てます。

シリコン配合シャンプーはデメリットだけではなく、髪をコーティングして摩擦などによる髪へのダメージをおさえるというメリットもあります。

ノンシリコンシャンプーはそのメリットがないために、髪にダメージを与えやすいとして使いたがらない美容師さんなどもいます。

髪や頭皮を保水するスイゼンジノリ多糖体

イクオスブラックシャンプーはノンシリコンのデメリットを補うためスイゼンジノリから抽出した多糖体を配合しています。

多糖体というのはわかりやすくいえば食物繊維です。吸水力が強いので、髪や頭皮の潤いを保ち、シリコンがないことによるダメージを防ぎます。

スイゼンジノリ多糖体は、スキンケア商品の保水成分として配合されているヒアルロン酸の6倍の保水力を持つという研究結果もあります。

また、頭皮のうるおいが保たれると必要以上の皮脂が分泌されなくなります。

頭皮のための多数の成分

イクオスブラックシャンプーには他に頭皮の環境を健全にする成分、炎症を抑えてフケやかゆみを防止する成分、消臭成分など多数の成分が含まれています。

それに加え、AGAの原因である強化型男性ホルモンを作り出す酵素=5αリダクターゼの働きを阻害することが期待されるオウゴンエキス、ビワ葉エキスや、男性ホルモンの働きを抑えるといわれているヒオウギエキスなどの成分まで含まれています。

イクオスブラックシャンプーのお得な購入方法は?

販売当初はトリートメントとのセットでしか購入できなかったイクオスブラックシャンプーは、現在は単品でも購入できます。

とはいっても、価格設定は単品よりセット、セットより定期コースがお得になるように設定されています。

イクオスブラックシャンプーの価格比較

 

価格(税込) 送料
イクオスブラックシャンプー 単品初回購入 5,054円 630円
イクオスブラックシャンプー 単品定価 7,992円 630円
シャンプー+トリートメント 初回購入 8,618円 630円
シャンプー 単独定期コース 3,866円 無料
シャンプー+トリートメント 定期コース 5,918円 無料

お試しで単品を初回購入し、よかったら定期コースに申し込むという方法もありかもしれません。

でも実は定期コースを申し込んでも、何回以上継続しなければならないという縛りはなく、随時解約や休止をできるので、価格が最も安い定期コースがおすすめです。

イクオスブラックシャンプーとチャップアップシャンプーどちらがおすすめ?

イクオスブラックシャンプーとともに頭皮ケアシャンプーとして定評があるのが「チャップアップシャンプー」です。これを読んでいただいている人の中にも、どちらを購入するか迷っている人もいるでしょう。

総合力ではイクオスブラックシャンプーがおすすめ

チャップアップシャンプーもノンシリコン、弱酸性です。しかしイクオスブラックシャンプーと比べると保湿成分や頭皮ケア成分が足りていないようです。

洗浄力もアミノ酸系洗浄成分のみなので、イクオスブラックシャンプーより劣ります。

頭皮ケアシャンプーとしての総合力はイクオスブラックシャンプーのほうが優れています。

イクオスブラックシャンプーとチャップアップシャンプーの価格比較

価格面ではどうでしょうか?

イクオスブラックシャンプー チャップアップシャンプー
単品初回購入 5,054円+送料630円 初回購入割引はなし
単品定価購入 7,992円+送料630円 4,180円+送料660円
定期購入 3,866円+ 送料無料 3,280円 +送料無料

価格比較ではチャップアップシャンプーのほうが有利です。

どちらを選ぶかは効果と値段どちらを重視するかによります。

個人的アドバイスとしては、現在薄毛ではないけれど将来の薄毛を予防したいというときはチャップアップシャンプー、現在すでに薄毛で、症状の進行を抑えていきたいというときはイクオスブラックシャンプーをおすすめします。

抜け毛進行を防ぐにはイクオスブラックシャンプーを

では最後にイクオスブラックシャンプーの特徴を振り返ってみます。

・科学的界面活性剤不使用
・ノンシリコン
・ノンシリコンを補う保湿成分配合
・頭皮環境を守り、整える各種成分を配合

イクオスブラックシャンプーは、界面活性剤が不使用とはいっても、アミノ酸系洗浄成分とベタイン系洗浄成分のダブル配合でおだやかながら必要十分な洗浄力を実現しています。

育毛剤の浸透をはばむシリコンも不使用。ノンシリコンシャンプーにありがちな髪へのダメージは、天然保湿成分で補っています。

そして、一般的なシャンプーともっとも異なるのは、頭皮の健康を保つための成分が配合されているという点。

トリートメントに関しては、髪が短い人はあえて買わなくてもいいと思いますが、長めで髪自体のダメージをよりおさえたいというときはトリートメントも合わせて使うといいと思います。